日経225ナイトセッションシグナルの検証を追加します

日経225ナイトセッションシグナル検証開始のお知らせ

2016年2月1日より日経225先物シグナル配信の日経225ナイトセッションシグナルの検証を開始します。

日経225ナイトセッションシグナルの特徴

  • ナイトセッションとオーバーナイトセッションが共に陰線、又は陽線になる確率は55%になるというデータをもとにシステムを開発して、お互いがお互いのマイナスを補うことで、ドローダウンの分散化につながり、結果的に早く利益を伸ばしていくことが可能です。
  • ナイトセッションは、ナイト寄り付き(16:30)に成行でエントリーして、ナイト引け(3:00)で決済をするトレードです。
  • オーバーナイトセッションは、ナイト引け(3:00)に成行でエントリーして、日中寄り付き(9:00)で決済をするトレードです。
  • 平日の15:50と17:00に配信される売買シグナルメールの確認して、証券会社に注文して、約定したら決済の注文をするだけの簡単操作なので、夜中(3:00)に起きて注文する必要はありません。(オーバーナイトセッションの決済は、9:00前に注文)

(日経225ナイトセッションシグナルのサイトより引用)

日経225ナイトセッションシグナルの成績

2014年の成績
2014/01 +60
2014/02 +30
2014/03 +275
2014/04 +640
2014/05 +315
2014/06 +530
2014/07 +415
2014/08 +345
2014/09 -580
2014/10 +1580
2014/11 -510
2014/12 +585
2014合計 +3685
2015年の成績
2015/01 +30
2015/02 +755
2015/03 -165
2015/04 +320
2015/05 -1155
2015/06 -1110
2015/07 +580
2015/08 +1225
2015/09 +1810
2015/10 +730
2015/11 -95
2015/12 +1065
2015合計 +3990

※2015年11月1日以降は実際の損益です。

日経225ナイトセッションシグナルの損益曲線

2016年1月4日からの損益曲線です。

2016年2月1日から検証はこちらをご覧ください。

成績の更新は、こちらのツイッターアカウント(フォロー)又はこちらのFacebookページ(いいね!)で配信しています。

日経225ナイトセッションシグナルの寸評

通常のオーバーナイトシステムをナイトセッションとオーバーナイトセッションが共に陰線、又は陽線になる確率は55%になるというデータから、ナイトセッション寄り付きから翌日の日中寄り付きを2つに分けてシステムを組んだ発想の転換がいいですね。(詳しくは、日経225ナイトセッションシグナルのホームページの2つのサインの理由・・・を参照)

リスクマネジメントとして、トレードマスターラボからの日中寄引シグナル配信サービスされている、日経225日中寄引シグナル日経225日中寄引シグナル~Vシステム~とポートフォリを組むのも良いでしょう。

日経225ナイトセッションシグナルの会員申込

日経225ナイトセッションシグナルの会員申込はこちら(※)

日経225ナイトセッションシグナルのサイト:http://trade-ml.jp/signal/nsystem/

日経225ナイトセッションシグナル

※日経225ナイトセッションシグナルの月額課金コースは7,560円(税込)です。ただし、トレードマスターラボのシグナル配信の契約が初めての方は、初回入会金30,000円が必要です。
※申込み可能期間は毎月25日~月末です。

更新履歴

  • なし

このページを訪問して頂き、ありがとうございます。
貴方の日経225先物シストレランキング先物シストレ人気ブログランキングの投票(左のブログランキングページのリンクをクリックまたはタップ)が、このブログを支えています。
投票をよろしくお願いします。