AQUAの検証を追加します

MT4 EA FX自動売買システムAQUAの検証は、FXDDの初期証拠金50,000ドルが2012年5月に+55,843ドルに達した時点でデモ口座の利用期限が切れて、FxProに残高を移行して検証を続けています。2013年3月5日時点の口座残高は、+68,947ドルですので検証を開始から+18,947ドルの利益を出したことになります。

それでは、AQUAの戦略、バックテスト、フォワードテスト、評価及びスペック・販売サイトを案内します。

AQUAの戦略

デイトレンドフォローを基本としてトレンドに乗れた時は、16pips前後で利確しますが、反対方向に動いた場合は、マーチンゲール(ロット数が1、2、4、8、16、…と倍々に増加しますが各ポジション間のpipsは可変)が発動されます。

マーチンゲール時の利確のタイミングは、押し目買いまたは戻り売りになりますので、強いトレンドの場合は、ポジションロット数が増加する可能性があります。

AQUAのバックテスト

下の画像はAQUA USD/JPYの2007年3月1日から2012年2月28日まで5年間のバックテストの結果です。

AQUA(USD/JPY)のバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

下の画像はAQUA AUD/CADの2007年3月1日から2012年2月28日まで5年間のバックテストの結果です。

AQUA(AUD/CAD)のバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • EAのバージョン:AQUA
  • ブローカー :FxProデモ口座
  • 通貨ペア: USD/JPYとAUD/CAD(M15)
  • 初期証拠金:それぞれ25,000ドル
  • ロット数:0.1(10,000通貨)
  • コメント:5年間バックテストの結果はUSD/JPYとAUD/CADの合計で153,780ドル(1,500万円)の利益を出しています。実際の運用は2つの通貨ペアでそれぞれ0.1ロットと仮定すれば50,000ドル用意したほうが良いと思います。

AQUAのフォワードテスト

  • ブローカー:FxProデモ口座(レバレッジ500倍)
  • 証拠金:50,000ドル(2012年5月にFXDDデモ口座から55,843ドルで移行)
  • 検証通貨ペア:AUD/CADとUSD/JPY(M15)
  • ロット数:0.1ロット(10,000通貨)

※検証で利用しているFxProは、CashBackForex経由の口座開設で、トレード量に応じてご自身のPayPalや銀行口座にキャッシュバックされます。

AQUAの評価

昨年末からの急激なUSD/JPYの上昇(円安)にも関わらず、USD/JPYのショートポジションを2012年12月(7ポジション)と2013年2月(8ポジション)に決済し、大きな利益を出しています。とは言っても0.1ロットで8ポジションは、25.5ロット(10pipsの値動きで約2,500ドル)になるのでかなりの証拠金が必要です。2通貨ペアを0.01ロット(1,000通貨)で運用するにしても、最低20,000ドルは必要でしょう。

フォワードテストの結果を見る限り、含み損を長期保有することはありませんでしたが、十分な証拠金が準備できず、且つ、含み損によるストレスに耐えられなければお勧めできません。自動売買は、24時間値動きを監視してマーチンゲールを発動しますので、同様の手法を裁量で行なっている方には便利なEAかと思います。

AQUAのスペックと販売サイト

販売サイト:http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=2337 (40,937円)

buy

※フォワードテストの結果で評価していますがエキスパートアドバイザーの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴

  • 販売サイトをfx-onに変更(2014年7月19日)
  • バックテストの追加(2014年1月23日)