Ashika V1の検証を追加します

2013年8月5日からフォワードテストを開始したメタトレーダー用MT4 EA FX自動売買システムAshika V1の検証を続行します。

Ashika V1は、こちらの記事で紹介したFX自動売買EAで、製作者ラッコさんの過去の実績およびAshika V1のバックテスト結果により、信頼できるFX自動売買EAと判断しましたので、非公開期間を設けないで検証を続けることにしました。

Ashika V1のバックテスト

下の画像は2008年8月1日から2013年7月31日まで5年間のEUR/USDのバックテストの結果です。

Ashika V1のバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

下の画像は2008年8月1日から2013年7月31日まで5年間のUSD/JPYのバックテストの結果です。

Ashika V1のバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

下の画像は2008年8月1日から2013年7月31日まで5年間のUSD/CHFのバックテストの結果です。

Ashika V1のバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • EAのバージョン: Ashika V1 (1.11)
  • ブローカー : FxProデモ口座
  • 通貨ペア: EUR/USD、USD/JPYおよびUSD/CHF(5分足)
  • 初期証拠金:  10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:mm=false、Use_RSI_modifyLots=true
  • コメント:5年間のバックテストの結果は、EUR/USDが2,700ドルの利益、USD/JPYが2,800ドルの利益、USD/CHFが2,300ドルの利益とどの通貨も同じくらいの利益を出し、安定したトレードを行っていることが確認できます。年間利回りは約15%で物足りないかもしれませんが、長期運用に向いているEAと言えるでしょう。

Ashika V1のフォワードテスト

下の画像は2013年8月5日からのフォワードテストです。

Ashika V1のフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • ブローカー : FxProデモ口座(2013年8月5日~)
  • 通貨ペア: EUR/USD、USD/JPYおよびUSD/CHF(5分足)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:mm=false、Use_RSI_modifyLots=true

Ashika V1の特徴と評価

トレードの特徴は30分足で順張り方向、5分足で逆張り方向にエントリーし、最大3ポジション保有します。ただし、これはシグナルが出ている間、エントリーを重ねるもので、ナンピンによるものではありません。

本EAには、「RSI Modify Lot」と名付けた「RSI 可変Lot」機能を搭載しています。デフォルトで「true=使用する」に設定しています。本EAではエントリーの可否の判断の一つにRSIを利用していますが、エントリー時のRSIの値によって、3段階にLotを変えるもので、RSIが一定値以上(あるいは以下)の場合、エントリー時のLOTを指定倍します。例えば、×1.2に設定した場合(倍数は変更可)、RSIの値によって 0.1 → 0.12 → 0.14 lotのように変化します。シグナルに従ってエントリー・クローズしますが、ポジション数の違い(最大ポジションを取った時とそれ以外)では、クローズの仕方が異なります。(販売ページより抜粋)。詳しい戦略やロジックはこちらのEAについてを御覧ください。

過去5年間のバックテストの結果を分析した限りでは、非常に安定したトレードを行なっており、PFは2.0以上で、DDは2%以内と安心して資金を任せられるEAに仕上がってると言えます。

2013年8月31日(土)までForex White Bear V1販売500本達成記念として、通常価格29,800円の半額14,900円で特別販売しています。

FX自動売買EAのAshika V1を購入はこちら

buy

それではAshika V1でがっちり儲けてください (^^)

※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、エキスパートアドバイザーの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。