SCH-Trend systemの評価と検証

FX MT4 EA検証再開のお知らせ

2016年8月3日よりMT4 EA FX自動売買システムSCH-Trend systemの検証(フォワードテスト)を再開します。

SCH-Trend systemは、徹底してカーブフィットの排除し、「トレンドに長く乗ること」を極めたシンプルな思想を実現したEAです。

※2015年4月20日よりMT4 EA FX自動売買システムSCH-Trend systemの検証を開始しましたが、6ヶ月で検証を終了しました。

SCH-Trend systemの特徴

世界中の、いわゆる”プロトレーダー”と言われる方々の大半は、利大損小のトレンドフォローでトレードしていると言われています。当EAは、その王道とも言える手法をロジック化したものです。

順張りタイプの利大損小のシステムは、トレンドの出ていないレンジ相場に弱いのが一般的でが、SCH-Trend systemはその弱点に対するアプローチが明確で、戦略的に両建てを行い損失の拡大を回避、チャンスがあれば、尚、薄利でも利益を取りに行きます。

特徴をまとめると、

  • トレンドフォロータイプのスイングEAで、正攻法で利益をトコトン追求
  • ボラティリティの大きいGBPJPYの4時間足専用自動売買システム
  • ナンピン、マーチンゲールは行わず、片側1ポジションで勝負
  • 過剰カーブフィット抑制のため、エントリーフィルターを最大限排除し、多角的視点の決済ロジック採用で利益を残せるように工夫

です。

(販売ページのEAについてより抜粋)

SCH-Trend systemの成績

下の損益曲線は5年間(2011年8月1日から2016年7月31日)のバックテストの結果です。

SCH-Trend system 1.23

上の画像をクリックまたこちらをクリックすればバックテストの内容が確認できます。

バックテストの条件:

  • EAの名称(バージョン):SCH-Trend system(1.23)
  • ブローカー: FxPro (+CashBackForex)
  • 通貨ペア:GBP/JPY(M15)
  • 初期証拠金:10,000USD
  • 初期ロット数:0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:Lots=0.1、MM_Work=false
  • 5年間バックテストの結果:
    利益 +10,789USD
    最大ドローダウン 7.76%
    PF 1.23

下の損益曲線は2016年8月3日からのフォワードテストです。

上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容が確認できます。

フォワードテストの条件:

  • EAの名称(バージョン):SCH-Trend system(1.23)
  • ブローカー: FxPro (+CashBackForex)
  • 通貨ペア:GBP/JPY(M15)
  • 初期証拠金:10,000USD
  • 初期ロット数:0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:Lots=0.1、MM_Work=false

SCH-Trend systemのトレード結果は、ツイッターアカウントのmtea_autoでリアルタイムで発信していますのでお役立てください。

SCH-Trend systemの評価

一度、トレンドが発生すると大きな利益が狙えるシステムです。

2015年は利益が伸びず停滞気味でしたが、2016年から急速に回復しています。

SCH-Trend systemは、スイングタイプのEAなのでWhite Bear Z USDJPYなどのスキャルEAや逆張ナンピンタイプEAと併用すればポートフォリオの効果が期待できそうです。

SCH-Trend systemの運用

海外のブローカーなら FxPro (+CashBackForex)、国内のブローカーなら両建て可能なFOREX.comなどが良いでしょう。

  • 証拠金 10,000USD(100万円)(レバレッジ25倍のブローカー)
  • ロット数 0.3ロット

SCH-Trend systemの購入はこちらです

buy

ホームページ:http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=5460

※SCH-Trend systemの販売価格は2016年8月3日時点で32,800円(税込)です。
※システムの詳細や運用はSCH-Trend systemのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのSCH-Trend systemの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴

  • なし

SCH-Trend systemの評価と検証

FX MT4 EA検証追加のお知らせ

2015年4月20日よりMT4 EA FX自動売買システムSCH-Trend systemの検証(フォワードテスト)を開始します。

SCH-Trend systemは、徹底してカーブフィットの排除し、「トレンドに長く乗ること」を極めたシンプルな思想を実現したEAです。

SCH-Trend systemの特徴

世界中の、いわゆる”プロトレーダー”と言われる方々の大半は、利大損小のトレンドフォローでトレードしていると言われています。当EAは、その王道とも言える手法をロジック化したものです。

順張りタイプの利大損小のシステムは、トレンドの出ていないレンジ相場に弱いのが一般的でが、SCH-Trend systemはその弱点に対するアプローチが明確で、戦略的に両建てを行い損失の拡大を回避、チャンスがあれば、尚、薄利でも利益を取りに行きます。

特徴をまとめると、

  • トレンドフォロータイプのスイングEAで、正攻法で利益をトコトン追求
  • ボラティリティの大きいGBPJPYの4時間足専用自動売買システム
  • ナンピン、マーチンゲールは行わず、片側1ポジションで勝負
  • 過剰カーブフィット抑制のため、エントリーフィルターを最大限排除し、多角的視点の決済ロジック採用で利益を残せるように工夫

です。

(販売ページのEAについてより抜粋)

SCH-Trend systemの成績

下の損益曲線は5年間(2010年4月1日から2015年3月31日)のバックテストの結果です。

SCH-Trend system

上の画像をクリックまたこちらをクリックすればバックテストの内容が確認できます。

バックテストの条件:

  • EAの名称(バージョン):SCH-Trend system(1.22)
  • ブローカー: FXCMジャパン
  • 通貨ペア:GBP/JPY(M15)
  • 初期証拠金:10,000USD
  • 初期ロット数:0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:Lots=0.1
  • 5年間バックテストの結果:
    利益 +6450USD
    最大ドローダウン 17.03%
    PF 1.19

下の損益曲線は2015年4月14日からのフォワードテストです。

SCH-Trend system

上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容が確認できます。

フォワードテストの条件:

  • EAの名称(バージョン):SCH-Trend system(1.22)
  • ブローカー: FXCMジャパン
  • 通貨ペア:GBP/JPY(M15)
  • 初期証拠金:10,000USD
  • 初期ロット数:0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:Lots=0.1

SCH-Trend systemのトレード結果は、ツイッターアカウントのmtea_autoでリアルタイムで発信していますのでお役立てください。

SCH-Trend systemの評価

一度、トレンドが発生すると大きな利益が狙えるシステムです。トレンドフォローの弱点とされている2011年および2013年のレンジ相場でも利益を溶かさず推移しているのでロジックがしっかりしていると言えるでしょう。

スイングタイプのEAなのでWhite Bear Z EURJPYなどのスキャルEAや逆張ナンピンタイプEAと併用すればポートフォリオの効果が期待できそうです。

SCH-Trend systemの運用

国内のブローカーなら両建て可能なFOREX.comなどが良いでしょう。

  • 証拠金 10,000USD(100万円)(レバレッジ25倍のブローカー)
  • ロット数 0.1ロット

バックテストのDDを考慮すると、販売サイトで紹介している1万ドルで0.3ロットはリスクが高いと思います。

SCH-Trend systemの購入はこちらです

buy

※SCH-Trend systemの販売価格は2015年4月20日時点で32,800円(税込)です。
※システムの詳細や運用はSCH-Trend systemのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのSCH-Trend systemの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴