損益表の計算方法を変更します

2013年3月25日(月)から検証中のメタトレーダーEAの損益表の損益を以下のように変更いたします。

  • 複数の通貨ペアで検証しているEAは、1通貨ペア当たりの損益に変換します。(合計損益 / n 例:10通貨ペアで検証なら n=10)
  • マネーマネジメント機能(MM)で検証しているEAは、0.1ロットに変換します。(合計損益 / n 例:1ロットならn=10)
  • 0.01ロット(マイクロロット)対応のみのEAは、0.1ロット(ミニロット)に変換します。(合計損益 * 10)

損益表の単位は、絶対損益から相対損益に変わりますので、EAを正しく評価できるようになります。株式で言えば、一株あたりの利益(EPS)と同じ意味ですね(笑)

この変更により3月23日(土)の週刊リポートで指摘している問題が解決されると思います。(新損益表によるランキングは4月1日から)

メタトレーダーEAの損益表は過去1年分に遡って上記のルールで再計算しています。
※右カラムの検証中のメタトレーダーEA一覧は3月24日(日)から変更しています。

Forex White Bear V1の検証を追加します

2012年4月から証拠金10,000ドルで開始したMT4 EA FX自動売買システムのForex White Bear V1は、+1,350ドル稼いでいる純粋なスキャルピングEAです。

約1年の検証期間中にロスカットによるストップロスが有りましたが、Forex White Bear V1の損益曲線は、綺麗な右上がりを描いています。

Forex White Bear V1の戦略、バックテスト、フォワードテスト、評価および購入に関して紹介いたします。

Forex White Bear V1の戦略

Forex Racco V2をベースにして開発されたEAで、長時間足で順張り及び5分足で逆張りのエントリーを行うスキャルピングEAです。

Forex White Bear V1のバックテスト

下の損益曲線は2007年4月から2012年3月まで(約5年)のバックテストの結果です。


上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • ブローカー:FxProデモ口座
  • 証拠金:10,000ドル
  • 検証通貨ペア:EUR/USD(M5)
  • ロット数:0.1ロット(10,000通貨)
  • コメント:5年間のバックテストで7,400ドル稼ぎました。DDは5%と小さくスキャルピング特有の損益曲線を描いています。長期運用向きのシステムと言えるでしょう。

Forex White Bear V1のフォワードテスト

下の損益曲線は2012年4月からのフォワードテストです。


上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • ブローカー:FxProデモ口座(レバレッジ500倍)
  • 証拠金:10,000ドル(2012年4月~)
  • 検証通貨ペア:EUR/USD(M5)
  • ロット数:0.1ロット(10,000通貨)

※検証で利用しているFxProは、CashBackForex経由の口座を開設することで、トレード量に応じてご自身のPayPalや銀行口座にキャッシュバックが貰えます。

Forex White Bear V1の評価

発売後も指標バスター付バージョンやニュースフィルターのパラメーターの追加などが機能強化されました。

Forex White Bear V1のパラメーターを変更したForex White Bear V2も販売されていますが、Forex White Bear V2より収益性が高いForex White Bear V1がお勧めです。

ポートフォリオに加えたいEAの一つです。

Forex White Bear V1の購入

Forex White Bear V1の仕様と購入は以下のサイトをご覧ください。

購入サイト: http://fx-on.com/systemtrade/once.php?i=2503(販売終了)

buy

OANDAJapanの口座を新規で開設するとForex White Bear V1またはForexWhiteBear V1EXが無料でもらえるOANDAJapan新規口座開設キャンペーンを期間限定で実施中です。

スペシャル!OANDAJapan×タイアップキャンペーン「ForexWhiteBearV1EX & ForexWhiteBearV1」

※フォワードテストの結果で評価していますが、エキスパートアドバイザーの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴:

  • Forex White Bear V1またはForexWhiteBear V1EXが無料でもらえるOANDAJapan新規口座開設キャンペーンの案内を追加しました(2014年11月11日)
  • 検証を終了しました(2014年7月31日)
  • バックテストを追加しました(2014年1月26日)

Forex Bladeの検証を追加します

2012年4月から検証しているMT4 EA FX自動売買システムのForex Bladeは、2012年10月に-3,800ドルのDDが発生しましたが、現在は-1,000ドルまで回復しています。FridayFilterとSL(400pips)パラメーターが最新バージョン(ver3)に追加され、DDによるダメージを軽減するようになりました。

Forex Bladeの戦略、バックテスト、フォワードテストおよび評価を紹介します。

Forex Bladeの戦略

24時間対応のトレンドフォロー戦略でトレンドに乗れた時は、20pips前後で利確します。仮に反対方向に動いた場合は、マーチンゲール(ロット数が1、2、4、7、15倍まで5ポジション)が発動されます。

Forex Bladeのバックテスト

下の画像はForex Bladeの2007年3月1日から2012年2月28日まで5年間のバックテストの結果です。


上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • EAのバージョン:Forex Blade
  • ブローカー :FxProデモ口座
  • 通貨ペア: EUR/USD(M5)
  • 初期証拠金:10,000ドル
  • ロット数:0.1(10,000通貨)
  • コメント:5年間バックテストの結果は52,70ドルの利益を出しています。DDは13.5%で最大ポジションが1.5ロットです。Forex Bladeの販売サイトの運用実績は2回ほどロスカットされているようですがブローカの違いでしょうか。

Forex Bladeのフォワードテスト

ブローカー:FxProデモ口座
証拠金:10,000ドル(2013年1月にFOREX.comデモ口座から8,811ドルで移行)
検証通貨ペア:EUR/USD(M5)
ロット数:0.1ロット(10,000通貨)

※検証で利用しているFxProはCashBackForex経由の口座開設で、トレード量に応じてご自身のPayPalや銀行口座にキャッシュバックされます。

Forex Bladeの評価

2013年1月14日から2013年3月10日までのトレードでの最大ポジションは0.7ロット(初期設定0.1ロット)で、1.5ロットのポジションはありませんでした。

5,000ドルの証拠金で0.01ロットに設定して、気長に運用するのも悪く無いと思います。

Forex Bladeの購入

Forex Bladeの購入はこちらからどうぞ

buy

※Forex Bladeの販売価格は2014年9月30日時点で20,366円(特別価格、税込)ですが諸事情により販売価格が値上げされることがあります。
※システムの詳細や運用はForex BladeのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのForex Bladeの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

変更履歴

  • 販売価格等の変更(2014年9月30日)

AQUAの検証を追加します

MT4 EA FX自動売買システムAQUAの検証は、FXDDの初期証拠金50,000ドルが2012年5月に+55,843ドルに達した時点でデモ口座の利用期限が切れて、FxProに残高を移行して検証を続けています。2013年3月5日時点の口座残高は、+68,947ドルですので検証を開始から+18,947ドルの利益を出したことになります。

それでは、AQUAの戦略、バックテスト、フォワードテスト、評価及びスペック・販売サイトを案内します。

AQUAの戦略

デイトレンドフォローを基本としてトレンドに乗れた時は、16pips前後で利確しますが、反対方向に動いた場合は、マーチンゲール(ロット数が1、2、4、8、16、…と倍々に増加しますが各ポジション間のpipsは可変)が発動されます。

マーチンゲール時の利確のタイミングは、押し目買いまたは戻り売りになりますので、強いトレンドの場合は、ポジションロット数が増加する可能性があります。

AQUAのバックテスト

下の画像はAQUA USD/JPYの2007年3月1日から2012年2月28日まで5年間のバックテストの結果です。

AQUA(USD/JPY)のバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

下の画像はAQUA AUD/CADの2007年3月1日から2012年2月28日まで5年間のバックテストの結果です。

AQUA(AUD/CAD)のバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • EAのバージョン:AQUA
  • ブローカー :FxProデモ口座
  • 通貨ペア: USD/JPYとAUD/CAD(M15)
  • 初期証拠金:それぞれ25,000ドル
  • ロット数:0.1(10,000通貨)
  • コメント:5年間バックテストの結果はUSD/JPYとAUD/CADの合計で153,780ドル(1,500万円)の利益を出しています。実際の運用は2つの通貨ペアでそれぞれ0.1ロットと仮定すれば50,000ドル用意したほうが良いと思います。

AQUAのフォワードテスト

  • ブローカー:FxProデモ口座(レバレッジ500倍)
  • 証拠金:50,000ドル(2012年5月にFXDDデモ口座から55,843ドルで移行)
  • 検証通貨ペア:AUD/CADとUSD/JPY(M15)
  • ロット数:0.1ロット(10,000通貨)

※検証で利用しているFxProは、CashBackForex経由の口座開設で、トレード量に応じてご自身のPayPalや銀行口座にキャッシュバックされます。

AQUAの評価

昨年末からの急激なUSD/JPYの上昇(円安)にも関わらず、USD/JPYのショートポジションを2012年12月(7ポジション)と2013年2月(8ポジション)に決済し、大きな利益を出しています。とは言っても0.1ロットで8ポジションは、25.5ロット(10pipsの値動きで約2,500ドル)になるのでかなりの証拠金が必要です。2通貨ペアを0.01ロット(1,000通貨)で運用するにしても、最低20,000ドルは必要でしょう。

フォワードテストの結果を見る限り、含み損を長期保有することはありませんでしたが、十分な証拠金が準備できず、且つ、含み損によるストレスに耐えられなければお勧めできません。自動売買は、24時間値動きを監視してマーチンゲールを発動しますので、同様の手法を裁量で行なっている方には便利なEAかと思います。

AQUAのスペックと販売サイト

販売サイト:http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=2337 (40,937円)

buy

※フォワードテストの結果で評価していますがエキスパートアドバイザーの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴

  • 販売サイトをfx-onに変更(2014年7月19日)
  • バックテストの追加(2014年1月23日)