Steady Tradeの検証を追加します

2013年7月19日からフォワードテストを開始したメタトレーダー用FX自動売買システム(MT4 EA)のSteady Tradeの検証を続行します。

Steady Tradeの特徴

  • ナンピン&マーチンゲール型EA
  • 通貨ペアはEUR/USD(時間枠は15分足)
  • 両建て
  • 単利/複利運用に対応
  • トレンドフォローを中心としたトレード
  • 少ない投資金額(例: $1,000, 0.01ロット)からでもスタート可能

(販売ページのEAについてより抜粋)

Steady Tradeのバックテスト

下の画像は2008年8月1日から2013年7月31日まで5年間のバックテストの結果です。

steady_trade
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • EAのバージョン: Steady Trade (1.0.12)
  • ブローカー : FxProデモ口座
  • 通貨ペア: EUR/USD(15分足)
  • 初期証拠金:  10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:全てデフォルト

5年間のバックテストでの損益は、約+21,000ドルで、最大DDは約38%でした。

Steady Tradeのフォワードテスト

下の画像は2013年7月19日からのフォワードテストです。

Steady Tradeのフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • EAのバージョン: Steady Trade (1.0.12)
  • ブローカー : FxProデモ口座(2013年7月19日~)
  • 通貨ペア: EUR/USD(15分足)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:全てデフォルト

出足は好調で約1ヶ月で+400ドルの利益を出しています。

Steady Tradeの特徴と評価

EAの戦略は、トレンドフォローの乗りながら押し目や戻しでマーチンゲールを発動するロジックとなっています。詳しい戦略やロジックはこちらのEAについてを御覧ください。

マーチンゲールを戦略とするEAは、トレンドフォロー(順張り)が良いのかカウンタートレンド(逆張り)が良いのか議論されますが、私はトレンドフォローのマーチンゲールが良いと思ってます。ただ、トレンドフォローかカウンタートレンドかを判断するロジックは難しく、短期間の指標ではダマシになる可能性も高く、良い成績が残せません。このSteady Tradeは、トレンドフォローの流れをよく掴んでいて、10,000ドルの証拠金で5年間のバックテストでもドローダウンや口座破綻が起きていないことが評価できます。

Steady Tradeの購入はこちらからどうぞ

buy

ホームページ:http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=3608

販売サイトのフォワードテストで、2014年9月8日にDDが発生していますが、当ブログの検証でDDは有りませんでした。また、2014年10月18日からフォワードテストを停止しています。

※Steady Tradeの販売価格は2014年10月1日時点で19,800円(税込)ですが諸事情により販売価格が値上げされることがあります。
※システムの詳細や運用はSteady TradeのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのSteady Tradeの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

変更履歴

  • 2015年5月2日 販売サイトのEAの計測は停止の記述を追加しました。
  • 2014年10月1日 記事を加筆・修正しました。

Ashika V1の検証を追加します

2013年8月5日からフォワードテストを開始したメタトレーダー用MT4 EA FX自動売買システムAshika V1の検証を続行します。

Ashika V1は、こちらの記事で紹介したFX自動売買EAで、製作者ラッコさんの過去の実績およびAshika V1のバックテスト結果により、信頼できるFX自動売買EAと判断しましたので、非公開期間を設けないで検証を続けることにしました。

Ashika V1のバックテスト

下の画像は2008年8月1日から2013年7月31日まで5年間のEUR/USDのバックテストの結果です。

Ashika V1のバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

下の画像は2008年8月1日から2013年7月31日まで5年間のUSD/JPYのバックテストの結果です。

Ashika V1のバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

下の画像は2008年8月1日から2013年7月31日まで5年間のUSD/CHFのバックテストの結果です。

Ashika V1のバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • EAのバージョン: Ashika V1 (1.11)
  • ブローカー : FxProデモ口座
  • 通貨ペア: EUR/USD、USD/JPYおよびUSD/CHF(5分足)
  • 初期証拠金:  10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:mm=false、Use_RSI_modifyLots=true
  • コメント:5年間のバックテストの結果は、EUR/USDが2,700ドルの利益、USD/JPYが2,800ドルの利益、USD/CHFが2,300ドルの利益とどの通貨も同じくらいの利益を出し、安定したトレードを行っていることが確認できます。年間利回りは約15%で物足りないかもしれませんが、長期運用に向いているEAと言えるでしょう。

Ashika V1のフォワードテスト

下の画像は2013年8月5日からのフォワードテストです。

Ashika V1のフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • ブローカー : FxProデモ口座(2013年8月5日~)
  • 通貨ペア: EUR/USD、USD/JPYおよびUSD/CHF(5分足)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:mm=false、Use_RSI_modifyLots=true

Ashika V1の特徴と評価

トレードの特徴は30分足で順張り方向、5分足で逆張り方向にエントリーし、最大3ポジション保有します。ただし、これはシグナルが出ている間、エントリーを重ねるもので、ナンピンによるものではありません。

本EAには、「RSI Modify Lot」と名付けた「RSI 可変Lot」機能を搭載しています。デフォルトで「true=使用する」に設定しています。本EAではエントリーの可否の判断の一つにRSIを利用していますが、エントリー時のRSIの値によって、3段階にLotを変えるもので、RSIが一定値以上(あるいは以下)の場合、エントリー時のLOTを指定倍します。例えば、×1.2に設定した場合(倍数は変更可)、RSIの値によって 0.1 → 0.12 → 0.14 lotのように変化します。シグナルに従ってエントリー・クローズしますが、ポジション数の違い(最大ポジションを取った時とそれ以外)では、クローズの仕方が異なります。(販売ページより抜粋)。詳しい戦略やロジックはこちらのEAについてを御覧ください。

過去5年間のバックテストの結果を分析した限りでは、非常に安定したトレードを行なっており、PFは2.0以上で、DDは2%以内と安心して資金を任せられるEAに仕上がってると言えます。

2013年8月31日(土)までForex White Bear V1販売500本達成記念として、通常価格29,800円の半額14,900円で特別販売しています。

FX自動売買EAのAshika V1を購入はこちら

buy

それではAshika V1でがっちり儲けてください (^^)

※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、エキスパートアドバイザーの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

WallStreet Forex Robotのディスカウントは8月9日まで!

海外版FX自動売買EAのWallStreet Forex Robotは、8月9日(金)までディスカウントを行なっています。

ディスカウント対象ライセンス

  • WallStreet Forex Robot Single License: $249 (regular price is $299)
  • WallStreet Forex Robot Full License: $399 (regular price is $489)

この機会にWallStreet Forex Robotを運用してみてはいかがでしょうか。

販売サイト: http://www.wallstreet-forex.com/rn

それではWallStreet Forex Robotでがっちり儲けてください (^^)

King&Queenの検証を追加します

2013年7月4日からフォワードテストを開始したメタトレーダー用MT4 EA FX自動売買システムKing&Queenの検証を続行します。

King&Queenはこちらの記事で紹介したFX自動売買EAで、暫く非公開で様子を見ていましたが、今後も利益が見込めそうなので継続して検証することにしました。

King&Queenの成績

下の画像は2008年7月1日から2013年6月30日まで5年間のバックテストの結果です。

King&Queen

上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • EAのバージョン: King&Queen (2.01)
  • ブローカー : FxPro
  • 通貨ペア: EUR/GBP(時間軸は指定なし)
  • 初期証拠金:  50,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:Mode=0

5年間のバックテストでの損益は、約+25,800ドルで、最大DDは約40%でした。

下の画像は2013年7月4日からのフォワードテストです。

King&Queenのフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • ブローカー : FxProデモ口座(2013年7月4日~)
  • 通貨ペア: EUR/GBP(時間軸は指定なし)
  • 初期証拠金: 50,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:Mode=0,1,2のそれぞれ3枚のチャート

出足は好調で、約1ヶ月で+2,000ドル以上の利益をあげています。

King&Queenの特徴と評価

EAの戦略は、買い専門のALPHAと売り専門のOMEGAのコンビネーションにより構成され、お互いに異なる性質のものが助け合い調和して初めて強く美しい姿を現すことをイメージし、トレンドに合わせて買いと売りを切り替えるGODが加わった3種で同時運用します(販売ページより一部抜粋)。詳しい戦略やロジックはこちらのEAについてを御覧ください。

過去5年間で2回DDが起きていますが、最高利益を更新しながら利益を積み重ねています。今後もDDが起きる可能性がありますが、DDをリカバリーする力があると思います。0.01ロットで3モード運用する場合は、3,000ドルを推奨していますが、ロスカットを考慮すると、5,000ドル位用意したほうが良さそうです。

King&Queenの購入はこちらからどうぞ

buy

※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、エキスパートアドバイザーの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴

  • 2014年8月31日で検証を終了しました(2014年10月4日)