トナカイ V1 AUDJPYの検証を追加します

メタトレーダー用MT4 EA FX自動売買システム「トナカイ V1 AUDJPY」の検証を2013年11月19日より開始しました。

ラッコさんの新作EAトナカイ V1 AUDJPYのバックテストやフォワードテストの結果はいかに!?

トナカイ V1 AUDJPYの特徴

スイング+スキャルピングEAトナカイ (AUDJPY版)は、トレンドフォローによる大き目の利益とスキャルによる安定性を兼ね備えたMT4用のFX自動売買システムです。

1ポジション目エントリーは、パラボリックSARを利用して順張りにエントリーし、2ポジション目および3ポジション目は、1ポジション目の保有中に限りRSIを使ってトレンドに沿って逆張りでポジションを持ちます。この逆張りポジションはスキャルピングであり、1ポジション目を保有している間、繰り返します。

パラボリックSARが転換するか、リミットまたはストップ値に達した時、あるいは金曜日の指定時間に達した時点でエグジット(クローズ)します。

トナカイ V1 AUDJPYの実力

下の画像は2008年11月1日から2013年10月31日まで5年間のバックテストの結果です。

TONAKAI V1 AUDJPY

上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:トナカイ V1 AUDJPY(v1)
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: AUD/JPY(M5)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト

5年間バックテストの結果は+4,658ドルの利益で、相対ドローダウンは8.61%でした。

下の画像は2013年11月19日からのフォワードテストです。

トナカイ V1 AUDJPYのフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:トナカイ V1 AUDJPY(v1)
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: AUD/JPY(M5)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト(GMT offsetはサーバーに合わせて調整)

トナカイ V1 AUDJPYの評価

このブログでも推奨しているForex White Bear V1の作者ラッコさんが久々にリリースしたEAは、White Bearシリーズのカウンタートレンドと異なり、1ポジション目はトレンドフォローでエントリーしてトレーリングストップで利益を伸ばし、その間にカウンタートレンドでスキャルピングを行う変則的なトレードにとても興味があります。

フォワードテストを開始したばかりですが、バックテストの結果を見る限り、SLが約55pipsに設定されているので運用リスクは小さいと言えるでしょう。

それではFX自動売買システムのトナカイ V1 AUDJPYでがっちり稼いでください !(^^)!

※販売価格は2013年11月19日時点で、将来値上げする可能性があります。
※システムの詳細や運用はトナカイ V1 AUDJPYのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのトナカイ V1 AUDJPYの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

PegSystem ver2の検証を追加します

メタトレーダー用MT4 EA FX自動売買システ「PegSystem ver2」の検証を2013年11月7日より開始しました。

PegSystem ver2は、PegSystem ver1(関連記事はこちら)のエントリー方法および決済方法の大幅な改良により、バックテストの結果は、PegSystem ver1の1.6倍と大幅に利益が伸びました。

PegSystem ver2の特徴を販売サイトから引用します。

  • 通貨ペアはユーロ/スイスフラン(EURCHF)限定
    スイス国立銀行がその方針を変えない限り、ユーロ/スイスフラン(EURCHF)は1.20を下回りません。2011年9月から2年以上下限1.2でペッグされています。
  • ポイント&フィギュア 2枠転換 逆張りでエントリー
    ポイント&フィギュア(以下、P&F)は、時間の経過を考慮しない非時系テクニカル分析のひとつです。通常はトレンド転換の判定などに使用しますが、本EAでは逆張り指標として使用しています。
  • ワンリムーブシステム(当方オリジナル)で含み損軽減
  • 直近1年間は年利200%の高パフォーマンス

2012年4月~2012年8月まではほぼペッグ下限1.2推移しており、ほとんどトレード出来ない状況でした。それが影響してペッグ制移行後の平均年利は約160%ですが、2012年9月以降は年利200%のパフォーマンスで推移しております。

PegSystem ver2の成績

下の画像は2011年10月3日から2013年10月30日まで約2年間のバックテストの結果です。

PegSystem_ver2
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:PegSystem ver2(v2.1)
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: EUR/CHF(M5)
  • 初期証拠金: 25,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:Lots=0.1、その他デフォルト

約2年間バックテストの結果は+20,421ドルの利益で、相対ドローダウンは9.94%でした。

下の画像は2013年11月7日からのフォワードテストです。

PegSystem ver2のフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:PegSystem ver2(v2.1)
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: EUR/CHF(M5)
  • 初期証拠金: 25,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:Lots=0.1、その他デフォルト

PegSystem ver2の評価

レンジ相場の可能性が強いペッグ制により、カウンタートレンドでエントリーするPegSystem は、バックテストとフォワードテスト(PegSystem ver1)で素晴らしいパフォーマンスを出しています。私はPepperstoneのリアル口座で運用しているPegSystem ver1をPegSystem ver2に変更しました。

PegSystem ver1を購入された方は、通常版の 24,800円から5,000円引きの19,800円でPegSystem ver2 優待版を購入できます。

PegSystem ver2の購入はこちらからどうぞ

buy

※PegSystem ver2の販売価格は25,509円(2014年9月30日時点)です。
※システムの詳細や運用はPegSystem ver2のEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのPegSystem ver2の運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴

  • 一部記述の変更(2014年9月30日)

Tomo_ArbMagic_Bigの検証を追加します

2013年11月6日よりメタトレーダー用MT4 EA FX自動売買システムTomo_ArbMagic_Bigの検証を開始しました。

スイングトレードのTomo_ArbMagic_Bigは損切りが小さく大波に強いFXの自動売買システム(EA)です。

Tomo_ArbMagic_Bigの成績

下の画像は2008年11月1日から2013年10月31日まで5年間のバックテストの結果です。

Tomo_ArbMagic_Big

上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:Tomo_ArbMagic_Big(v39)
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: EUR/USD(5分足、M5)
  • 初期証拠金:  10,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:Lots=0.1、その他デフォルト

5年間バックテストの結果は+9,954ドルの利益で、相対ドローダウンは2.86%でした。

下の画像は2013年11月6日からのフォワードテストです。

Tomo_ArbMagic_Bigのフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:Tomo_ArbMagic_Big(v39)
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: EUR/USD(5分足、M5)
  • 初期証拠金:  10,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:Lots=0.1、その他デフォルト

Tomo_ArbMagic_Bigの評価

2ヶ月に1回程度4ポジションのストップロス(DD)が起きていますが、右肩上がりの損益曲線を描いていますので、優秀なシステムと言えるでしょう。

設定したロットで4ポジションまでナンピン(非マーチンゲール)を行いますが、ストップロス(標準で55pips)が設定されているため、バックテストのように相対ドローダウンは低く口座破綻の可能性は非常に低いと思います。

Tomo_ArbMagic_Bigはこちらで購入できます。

buy

※システムの詳細や運用に関してはTomo_ArbMagic_BigのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのTomo_ArbMagic_Bigの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴

  • 2014年8月31日で検証を終了しました(2014年10月4日)