BinaScal V10 EURUSDの検証を追加します

2012年7月21日よりメタトレーダー用FX自動売買システム(MT4 EA)BinaScal V10 EURUSDの検証を開始しました。

BinaScal V10 EURUSDの特徴

  • BinaScal V10 EURUSD(バイナスキャル)は、基本インジケーターの1つに独自にチューニングしたBinaryWave「バイナリーウエーブ」を使った片建ての順張りマーチンスキャルパーで、コマ目にコツコツと何度でも、そして時には大きく稼ぐEAです。
  • BinaScal V10 EURUSDの肝である10段の順張りマーチンスキャルパーは、最初の5段でコツコツと稼ぐように、次の段からは相場が大きくズレてしまったような場合にでも耐えうる設計です。

(販売ページのEAについてより抜粋)

BinaScal V10 EURUSDの実力

下の画像は2009年3月1日から2014年2月28日まで約5年間のバックテストの結果です。

BinaScal V10 EURUSDのバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:BinaScal V10 EURUSD rev 122
  • ブローカー :  FxPro(キャッシュバック対象)デモ口座
  • 通貨ペア: EUR/USD(M5)
  • 初期証拠金: 50,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト
  • コメント:約5年間バックテストの結果は+16,433ドル(約164万円)の利益で最大ドローダウンは69.32%でした。

下の損益曲線は2012年7月からのフォワードテストです。

BinaScal V10 EURUSDのフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:BinaScal V10 EURUSD rev 122
  • ブローカー :  FxPro(キャッシュバック対象)デモ口座
  • 通貨ペア: EUR/USD(M5)
  • 初期証拠金: 50,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト

BinaScal V10 EURUSDの評価

円口座自動対応のBinaScal V10 EURUSDは、最低証拠金は国外口座(レバ200:1)で5,000ドル(約50万円)、国内口座(レバ25:1)では、40,000ドル(約400万円)で稼働します。

バックテストで2回ドローダウンが起きていますが、2010年以降はフォワードテストと同様に右肩上がりの損益曲線を描いています。今後、ドローダウンが起きない保証はありませんので、余裕を持った証拠金で運用したいものです。

BinaScal V10 EURUSDの購入はこちらからどうぞ

buy

ホームページ: http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=1935

※BinaScal V10 EURUSDの販売価格は40,000円(2014年3月24日時点)です。
※システムの詳細や運用はBinaScal V10 EURUSDのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのBinaScal V10 EURUSDの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

それではFX自動売買システムのBinaScal V10 EURUSDでがっちり稼いでください (^_^)v

FXの自動売買は返金保証が付いている海外のシステムで決まりでしょ!

似ているストラテジーを搭載したFXの自動売買システムの運用する時にあなたなら国内のシステムを選びますか、それとも海外のシステムを選びますか?

海外のシステムって英語で説明されているからちょっと手が出しづらいかもしれませんが、最近のブラウザは翻訳機能が付いているので助かります。同じお金を払うなら海外のシステムを選んでみてはいかがでしょうか。

海外のシステムのメリットは、なんて言っても返金保証が付いていることでしょう。日本のシステムでも返金保証が付いているケースも有りますが、ほとんどは製作者と交渉が必要で、なかには返金に応じてくれないこともあります。反面、海外のシステムは、販売元が返金を保証しています。多くの販売元はシステムの売り上げ後60日以上経ってから製作者に売上代金を支払う仕組みで、60日以内に購入者からクレーム(動かない、利益が出ない、等)があれば全額返金してくれます。

日本と同様に海外のシステムもピンからキリまであり、販売価格も数十ドルから数百ドルと様々ですが、まずは2009年から販売を続けている実力派スキャルピングのForex Megadroidを67ドル(約7,000円)で購入してみてはいかがでしょうか。

Forex Megadroid

  • 基本戦略:スキャルピング
  • 通貨ペア:EUR/USD(H1)
  • コメント:ローリスクで長期運用向き
  • 価格:67ドル
  • 販売サイト:http://forex-megadroid.com/(受領番号を登録)
  • その他:購入後60日以内の返金保証

他にも優秀な海外のシステムがたくさんありますのでこちらのページを参考にして下さい。

QQQの検証を追加します

2012年6月24日よりメタトレーダー用FX自動売買システム(MT4 EA)QQQの検証を開始しました。

QQQの特徴

  • 24時間スキャルピング~デイトレ~トレンドフォローまで5種類のロジックを1つのシステムに統合すると共に短時間決済のフィルターで収益を狙うUSD/JPY用のFX自動売買システムです。
  • 戦略は、順張り、逆張り、押し目買いおよび戻り売りを基本として日々有効なポジションを保持致します。利益を最大限にするトレーリングストップによるTP(TakeProfit)と精密なロジックの判断で24時間デイトレードを日々繰り返す事が可能です。
  • サブプライム問題、リーマン・ドバイショック、ギリシャ問題など幾多の大試練相場を乗り切り、あらゆる上下相場においてもフィティングするテクニカル機能の優れた万能型システムです。

(販売ページのEAについてより抜粋)

QQQの実力

下の画像は2009年3月1日から2014年2月28日まで約5年間のバックテストの結果です。

SPACELOCKのバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:QQQ
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: USD/JPY(M15)
  • 初期証拠金: 25,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト
  • コメント:約5年間バックテストの結果は+8,900ドル(約90万円)の利益で最大ドローダウンは16.69%でした。

下の損益曲線は2012年6月24日からのフォワードテストです。

QQQのフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:QQQ
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: USD/JPY(M15)
  • 初期証拠金: 25,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト

QQQの評価

5年間のバックテストの成績は、証拠金25,000ドル、ロット数0.1で行いましたが、トレンドを掴むロジックが優秀と思われるので証拠金10,000ドル、ロット数0.1でも口座(ドローダウンは36.21%)は破綻しませんでした。

QQQはミディアムリスク・ミディアムリターンのEAと判断してますので、25,000ドルでロット数0.1の割合で運用することをお薦めします。

QQQの購入はこちらからどうぞ

※QQQの販売価格は39,800円(2014年3月16日時点)です。
※システムの詳細や運用はQQQのシステムの説明とよくある質問をしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのQQQの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

それではFX自動売買システムのQQQでがっちり稼いでください (^_^)v

SPACELOCKの検証を追加します

遅ればせながらメタトレーダー用MT4 EA FX自動売買システムSPACELOCKの実力と評価をまとめました。

SPACELOCKの特徴

SPACELOCKは、24時間デイトレンドフォロー型システムで、有効ポイントの節目をテクニカルが追走して毎時ポジションを組み立てながら、ヘッジファンドの様な互いのポジションの相殺を利益がプラス圏内にて最大限となる瞬時まで導きそして解き放ちます。

戦略は順張り、逆張り、押し目買い、戻り売りが基本となり、多種のロジックを1つのシステムとして統括し、24時間どこからでも仕掛け、日々有効なポジションを保持致します。数年の開発によって生み出された、ナンピン、マーチンゲールとは一線を置く独自の可変マルチロットにより、ロジックが毎回判別するポジションニングとそのロットワークは、まさにプロファンド運用の取引そのものです。

相関通貨のEUR/GBPは、主にスキャルトレーダー方に好まれておりましたが、特有のテクニカルを用いる事により、安全性が高く利益の取り易い通貨として長年の間成果を上げております。

(販売ページのEAについてより抜粋)

SPACELOCKの実力

下の画像は2009年3月1日から2014年2月28日まで約5年間のバックテストの結果です。

SPACELOCKのバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:SPACELOCK
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: EUR/GBP(M1)
  • 初期証拠金: 250,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト
  • コメント:約5年間バックテストの結果は+126,793ドル(約1,260万円)の利益で最大ドローダウンは58.36%でした。

下の損益曲線は2013年10月15日からのフォワードテストです。

SPACELOCKのフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:SPACELOCK
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: EUR/GBP(M1)
  • 初期証拠金: 25,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト
  • コメント:フォワードテストは2012年7月から開始しており、2013年10月に証拠金残高を継承してブローカーをキャッシュバックがもらえるFxProに変更しまた。(以前のフォワードテストはこちら)

SPACELOCKの評価

5年間のバックテストの成績は優秀ですが、2009年8~9月の相場(0.86~0.92)でポジションが増加し、証拠金が不足していたら口座が破綻したかもしれません。

ハイリスクハイリターンのEAと判断してますので、十分な証拠金と低ロット(例えば証拠金25,000ドルでロット数0.01の割合)で運用することをお薦めします。

SPACELOCKの購入はこちらからどうぞ

※SPACELOCKの販売価格は39,800円(2014年3月14日時点)です。
※システムの詳細や運用はSPACELOCKのシステムの説明とよくある質問をしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのSPACELOCKの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

それではFX自動売買システムのSPACELOCKでがっちり稼いでください (^_^)v

変更履歴:

  • 検証を終了しました(2014年10月18日)

Noah`s Ark AUDJPYの検証を追加します

メタトレーダー用MT4 EA FX自動売買システムNoah`s Ark AUDJPYの検証を2014年3月10日より開始しましたのでお知らせします。

Noah`s Ark AUDJPYの特徴

Noah`s Ark AUDJPY(ノアの箱舟)は、トレンドフォローのEAで、サインが発生した後は、設定時間ごと毎に1つポジションを持ちます。初期設定は、1時間ごとに合計5個のポジションを持ち、パラメーターでポジションの増減が設定できます。5個のポジション(デフォルト)を持つ前に決済サインが出た場合は、その時点で決済&途転されます。このように時間を分散してエントリーすることによりリスクを軽減し確実にトレンドにのります。

エントリールールは、二本の単純移動平均線の交差によりサインで、イグジットルールは、移動平均線によるトレンド反転サインまたは設定したTP(デフォルトは300pips)/SL(デフォルトは100pips)に達した時点で決済します。

(販売ページのEAについてより抜粋)

Noah`s Ark AUDJPYの実力

下の画像は2009年3月1日から2014年2月28日まで約5年間のバックテストの結果です。

Noah`s Ark AUDJPYのバックテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:Noah`s Ark AUDJPY 3
  • ブローカー :  Alpari Japanデモ口座
  • 通貨ペア: AUD/JPY(M30)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト
  • コメント:約5年間バックテストの結果は+44,870ドル(約450万円)の利益で最大ドローダウンは21.10%でした。Noah`s Ark AUDJPYは、カウントダウン注文ができないFxProの代わりにAlpari Japanで検証します。

下の損益曲線は2014年3月10日からのフォワードテストです。

Noah`s Ark AUDJPYのフォワードテスト
上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム(EA)の名称とバージョン:Noah`s Ark AUDJPY 3
  • ブローカー :  Alpari Japanデモ口座
  • 通貨ペア: AUD/JPY(M30)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト

Noah`s Ark AUDJPYの評価

すでにfx-onで良い成績を残しているNoah`s Ark AUDJPYの検証を遅ればせながら開始しました。カウントダウン注文ができないFxProのバックテストは散々な結果でした。Noah`s Ark AUDJPYを運用する時はカウントダウンのAlpari JapanPepperstoneなどのブローカーを選択してください。

カウントダウン注文と成行注文の違いを簡単に説明をしておきます。MT4の注文方式は、カウントダウン注文と成行注文があり、ブローカーにより異なります。カウントダウン(MarketExecution)は、新規オーダーと同時に指値や逆指値を入れることができませんが、成行注文(InstantExecution)は、新規オーダーと同時に指値や逆指値を入れることができます。EAの注文方法により約定値が異なり、損益に大きな影響が出る可能性があるので、どのブローカーでEAを運用するか細心の注意が必要です。

シンプルなストラテジー、当方のバックテスト及び販売サイトのフォワードテストで評価する限り、Noah`s Ark AUDJPYは、イチオシのシステムで、今後のフォワードテストの検証結果が楽しみです。

Noah`s Ark AUDJPYの購入はこちらからどうぞ

※Noah`s Ark AUDJPYの販売価格は20,000円(2014年3月10日時点)です。
※システムの詳細や運用はNoah`s Ark AUDJPYのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのNoah`s Ark AUDJPYの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

それではFX自動売買システムのNoah`s Ark AUDJPYでがっちり稼いでください (^_^)v