EGOIST (USDJPY)の評価と検証

2014年10月27日よりMT4用FX自動売買システム(MT4 EA)EGOIST (USDJPY)の検証を開始しました。

EGOIST (USDJPY)は、USD/JPYの5分足専用のEAで、60分足でトレンド方向を判断して押し目買い・戻り売りのポイントでエントリーします。なお、日本時間8:30〜20:30(設定により8:30〜23:30)の時間帯はエントリーしません。

EGOIST (USDJPY)の特徴

  • 複利運用が可能(MM機能)
  • 取引時間の選択が可能(TimeSettingパラメター)
  • トレード量の指定が可能(TradeLevelで+5〜-5の間で設定)
  • 買いと売りのポジション数の設定が可能(L_MaxPosition&S_MaxPosition)
  • TPはATRを参照して自動計算、最大SLは-75pips(SLは変更可能)

(販売ページのEAについてより抜粋)

EGOIST (USDJPY)の成績

下の損益曲線は2009年10月1日から2014年9月30日まで約5年間のバックテストの結果です。

EGOIST_USDJPY
※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

バックテストの条件:

  • システム名称(バージョン):EGOIST (USDJPY)(V1.01)
  • ブローカー :  Alpariジャパン デモ口座(レバレッジ 25倍)
  • 通貨ペア: USD/JPY(M5)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット固定(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト
  • コメント:約5年間バックテストの結果は8414ドル(約84万円)の利益でした。最大ドローダウンは11.40%でPFは1.56でした。

下の損益曲線は2014年10月27日からのフォワードテストです。


※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。
※EGOIST (USDJPY)のトレード結果は、ツイッターアカウントのmtea_autoがリアルタイムでつぶやいています。

フォワードテストの条件:

  • システム名称(バージョン):EGOIST (USDJPY)(V1.01)
  • ブローカー :  FXCMジャパンデモ口座(レバレッジ 25倍)
  • 通貨ペア: USD/JPY(M5)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット固定(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト

EGOIST (USDJPY)の評価

トレンドフォローで押し目買いと戻り売りでエントリーする極めてシンプルなロジックを採用しているので好感が持てますが、複数のポジションを持つので資金管理をしっかり行う必要があるでしょう。

ドローダウンのリスクを軽減するためにSL値を10に設定したバックテストの結果が販売サイトに掲載されていますので参考にするのも良いでしょう。

バックテストの結果やfx-onのフォワードテストによりEGOIST (USDJPY)の評価は、固定ロットながらナンピンを行うのでミディアムリスク&ミディアムリターンなシステムと判定して星3つ(★★★☆☆)です。

EGOIST (USDJPY)の運用

バックテストの最大ドローダウン20%前後で計算したロット数と証拠金です。

  • ロット数:0.1
  • 証拠金:500,000円~(5,000ドル~)
  • その他:

EGOIST (USDJPY)の購入はこちらです

buy

ホームページ:http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=5767

※EGOIST (USDJPY)の販売価格は2014年10月27日時点で24,800円(税込)です。
※システムの詳細や運用はEGOIST (USDJPY)のEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのEGOIST (USDJPY)の運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴

  • AlpariUK(ジャパン)の破綻により検証口座をFXCMジャパンに変更しました(2015年1月19日)

PriceBreaker_GBPJPY_V1の検証を追加します

2014年10月22日よりMT4用FX自動売買システム(MT4 EA)PriceBreaker_GBPJPY_V1の検証を開始しました。

PriceBreaker_GBPJPY_V1は、インディケーターやオシレーターを使わないでプライスアクション(為替レートの値動きや出来高などを重視して売買することがリスクを最小限に抑え、また、大きな利益をもたらすという理論)に着目して開発されたFX自動売買システムです。

PriceBreaker_GBPJPY_V1の特徴

  • 一般的なテクニカル指標は使用せず、プライスアクションのみに着目して作成された、画期的なEAです。テクニカル指標を使用しないため、バックテストにおいてもカーブフィッティングの余地が小さく、将来にわたって信頼性が高い結果が得られることが期待できます。また、テクニカル指標を用いるEAと併用することで、多用な相場環境に対応できるポートフォリオの形成が期待できます。
  • 2つのロジックが同時に稼動することで、高利益と低リスクを同時に目指しています。
  • スキャルピング系EAに見られるような「利益確定幅<損切幅」ではなく、「利益確定幅>損切幅」の設定になっています。低い勝率を高い損益レシオでカバーし、“トータルでは”利益が積みあがる、安全安心なEAです。また、ナンピンせず1ロジックあたり常に1ポジションしか保有しないため、不測の事態により相場が急変動しても大きな含み損を抱えることがありません。
  • 大勝ちはそれほど期待できないものの、大負けする可能性も低く、相場環境が変化しても長きにわたりコツコツと利益を積み上げます。
  • Lotsの設定次第で、許容できる最大ドローダウンをコントロールすることができます。当EAにて設定するLotsの値は、余剰証拠金$1,000当たりのポジション数です。資金量の増減に伴って、ポジション数は自動で最適量に設定されるため(自動複利計算機能)、メンテナンス不要です。バックテストによって許容できる最大DDを調整、ご確認ください。

(販売ページのEAについてより抜粋)

PriceBreaker_GBPJPY_V1の成績

下の損益曲線は2009年10月1日から2014年9月30日まで約5年間のバックテストの結果です。

PriceBreaker_GBPJPY_V1
※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

バックテストの条件:

  • システム名称(バージョン):PriceBreaker_GBPJPY_V1(V1)
  • ブローカー :  Alpariジャパン デモ口座(レバレッジ 25倍)
  • 通貨ペア: GBP/JPY(D1)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット固定(10,000通貨)、ただしEA内の自動設定が優先
  • パラメーター:デフォルト
  • コメント:約5年間バックテストの結果は+898,982ドル(約9,000万円)の利益でした。最大ドローダウンは58.66%でPFは1.71でした。

下の損益曲線は2014年10月22日からのフォワードテストです。


※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。
※PriceBreaker_GBPJPY_V1のトレード結果は、ツイッターアカウントのmtea_autoがリアルタイムでつぶやいています。

フォワードテストの条件:

  • システム名称(バージョン):PriceBreaker_GBPJPY_V1(V1)
  • ブローカー :  FXCMジャパンデモ口座(レバレッジ 25倍)
  • 通貨ペア: GBP/JPY(D1)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット固定(10,000通貨)、ただしEA内の自動設定が優先
  • パラメーター:デフォルト

PriceBreaker_GBPJPY_V1の評価

インディケーターやオシレーターを利用したスキャルピングやマーチンゲールのシステムと一線を画するプライスアクションを採用したPriceBreaker_GBPJPY_V1に新しいシステムの方向性を感じます。

PriceBreaker_GBPJPY_V1は、苦手なレンジ相場でも証拠金を減らさずボラティリティが大きくなった時に一気に稼ぎはじめます。

バックテストの結果やfx-onのフォワードテストによりPriceBreaker_GBPJPY_V1の評価は、ミディアムリスク&ハイリターンなシステムと判定して星4つ(★★★★☆)です。

PriceBreaker_GBPJPY_V1の運用

証拠金により自動的にロットが設定されますので100,000円(1,000ドル)程度で運用を開始してみるのも良いでしょう。

  • 証拠金:100,000円~
  • その他:9月~10月の相場でかなり稼ぎましたが、今後も続くとは限りませんので気長に運用しましょう。元本を稼いだら元本を引き出して、後はほったらかしで運用するのもいいですね。

私もリアル口座で運用を開始したいと思います。

PriceBreaker_GBPJPY_V1の購入はこちら

buy

※PriceBreaker_GBPJPY_V1の販売価格は2014年10月23日時点で51,223円(税込)です。
※システムの詳細や運用はPriceBreaker_GBPJPY_V1のEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのPriceBreaker_GBPJPY_V1の運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴

  • AlpariUK(ジャパン)の破綻により検証口座をFXCMジャパンに変更しました(2015年1月19日)

速報!コツコツEURJPYとがっつりGBPUSDの再販決定!

2014年3月から販売を停止していたコツコツEURJPYがっつりGBPUSDが2014年10月20日から販売を再開しました。

販売の再開理由は、販売元のfx-onに購入の問い合わせが多かったのではないかと思います。

販売再開記念として2014年10月31日まで両システムとも通常価格35,000円のところを特別価格27,000円で販売するとのことです。

成績と評価は、以下の記事を参考にして頂ければと思います。

コツコツEURJPYの購入はこちらからどうぞ

buy

がっつりGBPUSDの購入はこちらからどうぞ

buy

スイートパフェ gbpjpyの検証を追加します

2014年10月6日よりMT4用FX自動売買システム(MT4 EA)のスイートパフェ gbpjpyの検証を開始しました。

FX自動売買システムのスイートパフェ gbpjpyは、プログラマーのmomiさんが作成したスイートマカロンeurusdスイートショコラ audusdに続く第3弾のMT4用のEAです。

スイートパフェ gbpjpyの特徴

  • トレンドフォローの戦略を採用したスイートパフェ gbpjpyは、5分足の複数ルールと30分足のトレンドを判定してトレンドの方向にエントリーします。
  • エグジットのタイミングは、ポジションを取る際に入れたストップロス値(デフォルト70pips)、利益確定値(デフォルト13pips)及びポジション後のタイムアウト、トレーリングストップなどで判定します。

(販売ページのEAについてより抜粋)

スイートパフェ gbpjpyの成績

下の損益曲線は2009年10月1日から2014年9月30日まで約5年間のバックテストの結果です。

Sweet_parfait
※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

  • システム名称(バージョン):スイートパフェ gbpjpy()
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: GBP/JPY(M5)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット固定(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト
  • コメント:約5年間バックテストの結果は+2,682ドルの利益でした。最大ドローダウンは2.50%でPFは2.08でした。

下の損益曲線は2014年10月6日からのフォワードテストです。


※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。
※スイートパフェ gbpjpyのトレード結果は、ツイッターアカウントのmtea_autoがリアルタイムでつぶやいています。

  • システム名称(バージョン):スイートパフェ gbpjpy()
  • ブローカー :  FxProデモ口座
  • 通貨ペア: GBP/JPY(M5)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット固定(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト

スイートパフェ gbpjpyの評価

5年間のバックテストで約40回のストップロス(-70pips)が発生していますが、勝率がロング・ショート共に88%と高いのとトレーリングストップ機能により1回のトレードで平均+20pips程度の利益を出しています。

スイートマカロンeurusdスイートショコラ audusdと比較して販売価格が安く設定されているのも好感が持てます。資金に余裕があればスイートシリーズでポートフォリオを組むのも面白いかもしれませんね。

バックテストの結果やfx-onのフォワードテストによりスイートパフェ gbpjpyは、ミディアムリスク&ミディアムリターンな自動売買システムと判定し、評価は星3つ(★★★☆☆)とします。

スイートパフェ gbpjpyの運用

0.1ロット固定で行ったバックテストの最大DDは2%台でしたので、証拠金10,000ドルなら0.5ロット(DDは12.5%と想定)まで行けそうです。

  • ロット数:0.1ロット
  • 証拠金:2,000ドル以上
  • 推奨ブローカー:今まではPepperStoneを推奨してきましたが、金融庁のイジメ(?)により2014年10月2日から日本在住の日本人は、PepperStoneの口座開設ができなくなりました。今後も外国ブローカーの締め出しが予想されますので、金融商品取引法に基づく登録を受けた

    などをお薦めします。これらの証券会社は、MT4のレバレッジが25倍と小さいのでマーチンゲール・システムの運用はお薦めできませんが、固定ロットでSLやTPを設定しているスイートパフェ gbpjpyの運用は問題無いと考えています。

  • その他:バックテストの結果によるロット数に対応する証拠金ですが、ロット数を増やす場合は証拠金も増やしてください。

※バックテストの最大ドローダウンから安全と思われる証拠金とロット数です。

スイートパフェ gbpjpyの購入はこちらからどうぞ

buy

※スイートパフェ gbpjpyの販売価格は2014年10月9日時点で13,800円(税込)ですが諸事情により販売価格が値上げされることがあります。
※システムの詳細や運用はスイートパフェ gbpjpyのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのスイートパフェ gbpjpyの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。