FX自動売買システム損益ランキング – 週間/月間/6ヶ月(1/31)

2015年1月26日~1月31日の検証中のFX自動売買システムの週間損益ランキング、2015年1月の月間損益ランキングおよび過去6ヶ月の損益ランキングです。

今週の合計損益は-719ドル(全体:22システム、利益:10システム、損失:6システム)でした。

今週の損益トップ10

2015年1月26日~1月31日の損益トップ10です。

システム名(EA名)をクリックすればシステムの成績と評価の記事が表示されます。

システム名(EA名) 損益曲線 今週の損益 仮実現損益
stargazer +200 +29,750
BandCross3 EURUSD +178 +1,855
Tomo BigBreak2 +89 +679
Alnilam/ ORION FX +86 +243
VIVOUGE EURUSD +71 -2,535
EGOIST (USDJPY) +52 +560
Color your life +51 +228
Steady Trade +38 +3,905
White Bear Z USDJPY +19 +90
コツコツAUDJPY +5 -453

検証中のFX自動売買システムのトレード結果は、こちらのツイッターアカウントで24時間リアルタイムで配信しています。

※11位以降は、検証中のFX自動売買システム一覧の「週間の実現損益」の欄を、検証中のシステムの損益曲線は検証中のメタトレーダー用FX自動売買システムをご覧ください。
※損益の単位はドルで、仮実現損益は「現在の有効証拠金」 – 「検証開始時の証拠金」で含み損益を清算(口座閉鎖など)した場合の損益です。

今月の損益トップ10

2015年1月度の損益トップ10です。

システム名(EA名)をクリックすればシステムの成績と評価の記事が表示されます。

システム名(EA名) 損益曲線 今月の損益 仮実現損益
BinaScal V10 EURUSD +1,778 +10,922
Tomo ArbMagic Wave +1,622 +4,868
Tomo ArbMagic Time Sng +1,371 +1,755
VIVOUGE EURUSD +971 -2,535
stargazer +941 +29,750
白虎DT EUR/USD +687 +1,201
BandCross3 EURUSD +525 +1,855
EGOIST (USDJPY) +263 +560
Tomo BigBreak2 +238 +679
QQQ +204 +4,128

※11位以降は、検証中のFX自動売買システム一覧の「2015年1月」の欄を、検証中のシステムの損益曲線は検証中のメタトレーダー用FX自動売買システムをご覧ください。
※損益の単位はドルで、仮実現損益は「現在の有効証拠金」 – 「検証開始時の証拠金」で含み損益を清算(口座閉鎖など)した場合の損益です。

半年の損益トップ10

2014年8月1日から2015年1月31日まで半年間(6ヶ月間)の累計損益トップ10です。

システム名(EA名)をクリックすればシステムの成績と評価の記事が表示されます。

システム名(EA名) 損益曲線 半年の損益 仮実現損益
stargazer +5,542 +29,750
BinaScal V10 EURUSD +3,422 +10,922
VIVOUGE EURUSD +2,017 -2,535
BandCross3 EURUSD +1,996 +1,855
Tomo ArbMagic Wave +1,937 +4,868
Steady Trade +1,925 +3,905
PriceBreaker GBPJPY V1 +1,219 +1,219
QQQ +1,175 +4,128
白虎DT EUR/USD +1,028 +1,201
Tomo ArbMagic Time Sng +657 +1,755

※11位以降は、検証中のFX自動売買システム一覧の「過去6ヶ月」の欄を、検証中のシステムの損益曲線は検証中のメタトレーダー用FX自動売買システムをご覧ください。
※損益の単位はドルで、仮実現損益は「現在の有効証拠金」 – 「検証開始時の証拠金」で含み損益を清算(口座閉鎖など)した場合の損益です。

今週のシステム変更

値上げ情報

  • トレンドフォロータイプのスイングEAのSCH-Trend systemが2月1日より24,800円から32,800円に値上げ

検証の条件に関して

  • 損益の単位はドルです。
  • 初期パラメーターは0.1(10,000通貨)ロットに設定してます。
  • 累計は仮実現損益(ドル)です。
  • 検証中のFX自動売買システムの損益計算のルールや用語はこちらをご覧ください。
  • 全ての検証中のFX自動売買システムの損益はこちらを御覧ください。

この記事に関するご意見やご質問はこちらからツイートでお願いします。

ECBの量的緩和!ユーロ安に乗れたシステムは?(1/24)

2015年1月19日~1月24日の検証中のFX自動売買システムの週間損益ランキングをお知らせします。

今週の合計損益は+2,549ドル(全体:22システム、利益:17システム、損失:5システム)でした。

報道各社が「月額500億ユーロの債券購入案をECBの役員会が提案した」と報じており、本日量的緩和(QE)が決定されるのは確実視されている。

国債買い入れの規模が十分でなかった場合などは、失望感から多少ユーロが反発する可能性はあるだろうが、こうしたイベント後のユーロ買いは、あくまで一時的とみている。

ドイツ国債の利回りは10年物がすでに0.5%まで低下しており、QEによってこれ以上長期金利が低下しても経済効果は少ない。にもかかわらず、なぜQEを実施するかといえば、日銀の量的・質的緩和(QQE)がそうだったように、通貨安による経済効果を狙ってのことだろう。

QEによってユーロ安が進めば、デフレ圧力を軽減させ、ドイツやイタリアの輸出を促進させられる。ECBの狙いが「ユーロ安」なのであれば、ユーロは今後も下落トレンドを描くとみるべきだろう。そもそも、QEをせずとも過去1年間でユーロドルは16%下落しているわけで、QEの実施が決定すれば、内容次第で一時的な相場の巻き戻しはあったとしても、長期的にはユーロ安が一段と進むとみている。

(出所:シティバンク銀行株式会社 個人金融部門 投資調査部 1/22)

今週の損益トップ10

2015年1月19日~1月24日の損益トップ10です。

システム名(EA名)をクリックすればシステムの成績と評価の記事が表示されます。また、検証中のFX自動売買システムのトレード結果は、こちらのツイッターアカウントで24時間リアルタイムで配信しています。

システム名(EA名) 損益曲線 今週の損益 仮実現損益
Tomo ArbMagic Wave +1,107 +4,868
Tomo ArbMagic Time Sng +1,020 +1,755
BinaScal V10 EURUSD +507 +10,922
白虎DT EUR/USD +410 +1,209
stargazer +144 +29,550
VIVOUGE EURUSD +123 -2,965
Color Your Life V2 +112 -203
BandCross3 EURUSD +63 +1,758
スイートパフェ gbpjpy +57 +172
QQQ +52 +4,128

ユーロの下落で稼いだのは、勝率がほぼ100%のTomo_ArbMagic_Wave(※)とTomo_ArbMagic_Time_Sng(※)でした。
※当ブロクの検証結果は、検証環境の相違により販売サイト(fx-on.com)の損益と異なります。

下の画像は今週のTomo_ArbMagic_Waveのトレード内容です。

Tomo_ArbMagic_Wave .EUR-USD.Tue, 13 Jan 2015 16-00-00 GMT-Sat, 24 Jan 2015 09-00-00 GMT

他のシステムでは、白虎DT EUR/USDが検証開始以来の最高益を達成しました

下の画像は白虎DT EUR/USDの損益グラフです。

bykakko20150124

※11位以降は、検証中のFX自動売買システム一覧の「週間の実現損益」の欄を、検証中のシステムの損益曲線は検証中のメタトレーダー用FX自動売買システムをご覧ください。
※損益の単位はドルで、仮実現損益は「現在の有効証拠金」 – 「検証開始時の証拠金」で含み損益を清算(口座閉鎖など)した場合の損益です。

今月の損益トップ10

2015年1月度の損益トップ10です。

システム名(EA名)をクリックすればシステムの成績と評価の記事が表示されます。

システム名(EA名) 損益曲線 今月の損益 仮実現損益
BinaScal V10 EURUSD +1,778 +10,922
Tomo ArbMagic Wave +1,622 +4,868
Tomo ArbMagic Time Sng +1,371 +1,755
VIVOUGE EURUSD +900 -2,965
stargazer +741 +29,550
白虎DT EUR/USD +695 +1,209
PriceBreaker GBPJPY V1 +475 +1,590
BandCross3 EURUSD +347 +1,758
EGOIST (USDJPY) +211 +508
QQQ +204 +4,128

トップのBinaScal V10 EURUSDは変わりませんが、Tomo_ArbMagic_Wave(※)がPriceBreaker_GBPJPY_V1を抜いて二位に躍進しました。
※当ブロクの検証結果は、検証環境の相違により販売サイト(fx-on.com)の損益と異なります。

※11位以降は、検証中のFX自動売買システム一覧の「1月」の欄を、検証中のシステムの損益曲線は検証中のメタトレーダー用FX自動売買システムをご覧ください。
※損益の単位はドルで、仮実現損益は「現在の有効証拠金」 – 「検証開始時の証拠金」で含み損益を清算(口座閉鎖など)した場合の損益です。

今週のシステム変更

  • なし

値上げ情報

  • トレンドフォロータイプのスイングEAのSCH-Trend systemが2月1日より24,800円から32,800円に値上げ

検証の条件に関して

  • 損益の単位はドルです。
  • 初期パラメーターは0.1(10,000通貨)ロットに設定してます。
  • 累計は仮実現損益(ドル)です。
  • 検証中のFX自動売買システムの損益計算のルールや用語はこちらをご覧ください。

この記事に関するご意見やご質問はこちらからツイートでお願いします。

検証中のFXブローカー(MT4)の変更に関して

スイス中銀のユーロペッグ制の廃止によるスイスフランの乱高下により2015年1月16日にAlpari UKが破綻し、同グループ子会社のAlpariジャパンがFXの取引を中止しました。

当ブログでは以下のFX自動売買システム(MT4のEA)をAlpariジャパンで検証していましたので、これらEAの口座の残高をFXCMジャパンに移動して2015年1月19日より検証を再開しましたのでお知らせいたします。

なお、FXCMジャパンではForex White Bear V1またはForex White Bear V1EXが無料でもらえる口座開設キャンペーンを実施していますのでご検討ください。

スイスショック!ユーロペッグ制のシステムが破綻(1/17)

2015年1月12日~1月17日の検証中のFX自動売買システムの週間損益ランキングをお知らせします。

今週の合計損益は-119,220ドル(全体:24システム、利益:16システム、損失:8システム)でした。

スイス中央銀行のユーロペッグ制の終了が為替相場に大きな影響を与えました。検証中のシステムではSwiss Twin Range V2とSwiss Pentagonのロングが軒並みロスカットに掛かり、Swiss Pentagonの口座残高は-13,645ドルとロスカットも手遅れな状況でした。

以下は日経新聞からの引用です。

スイスフラン急騰、FX業者の経営に打撃

【ロンドン=黄田和宏】スイスフラン相場の急変を受け、欧州を中心に金融機関への影響が広がってきた。短期的に打撃が最も大きいとみられるのが外国為替証拠金(FX)取引業者だ。英国が拠点のアルパリは16日、資金繰りに行き詰まり破綻した。同業でニュージーランド系のエクセル・マーケッツも経営の継続が困難になった。

米同業者のFXCMは15日、顧客が損失を膨らませたため約2億2500万ドル(約260億円)を肩代わりしていると説明した。顧客の多くが損失を支払えず、同社の負担となるとの思惑から16日早朝の時間外取引で同社株は90%近く下げた。同日午前の通常取引では値段が付いていない。

一方、金融庁は16日、FX取引業者の日本法人アルパリジャパンに対し資産が流出しないよう国内保有命令を出した。日本法人で稼働している口座数は2014年6月末時点で約3千ある。

日本でも大量の円買い・スイスフラン売りをしていた個人投資家で「数千万円規模の損失を抱えた顧客もいる」(大手FX会社)という。スイス中銀が無制限介入をしている限りスイスフラン高にならないとみて一方向に取引を傾けていた。

(日経新聞2015/1/17より)

今週の損益トップ10

2015年1月12日~1月17日の損益トップ10です。

システム名(EA名)をクリックすればシステムの成績と評価の記事が表示されます。また、検証中のFX自動売買システムのトレード結果は、こちらのツイッターアカウントで24時間リアルタイムで配信しています。

システム名(EA名) 損益曲線 今週の損益 仮実現損益
BinaScal V10 EURUSD +836 +10,415
stargazer +597 +29,405
白虎DT EUR/USD +189 +798
Tomo ArbMagic Wave +174 +3,670
VIVOUGE EURUSD +166 -1,659
Tomo ArbMagic Time Sng +151 +632
BandCross3 EURUSD +123 +1,695
QQQ +119 +4,076
コツコツAUDJPY +104 +370
Steady Trade +71 +3,934

1月15日にスイス国立銀行(中央銀行)が突如、通貨高を抑えるための対ユーロでの上限(ユーロペッグ制)を撤廃したことで為替相場が大きく崩れました。Swiss Twin Range V2Swiss Pentagonは1.20を下限とするEUR/CHFのロングポジションで利益を出していたため、大きな損失及び口座破綻に追い込まれました。

スイスフラン以外の通貨ペアのシステムは好調で、BinaScal V10 EURUSDは、検証開始以来の最高益に達しました。(下の画像は今週のBinaScal V10 EURUSDのトレード内容です)

BinaScal V10 EURUSD R122DL.EUR-USD.Tue, 06 Jan 2015 16-00-00 GMT-Sat, 17 Jan 2015 09-00-00 GMT

他のシステムでは、前週と同様にstargazerが好調です。

※11位以降は、検証中のFX自動売買システム一覧の「週間の実現損益」の欄を、検証中のシステムの損益曲線は検証中のメタトレーダー用FX自動売買システムをご覧ください。
※損益の単位はドルで、仮実現損益は「現在の有効証拠金」 – 「検証開始時の証拠金」で含み損益を清算(口座閉鎖など)した場合の損益です。

今月の損益トップ10

2015年1月度の損益トップ10です。

システム名(EA名)をクリックすればシステムの成績と評価の記事が表示されます。

システム名(EA名) 損益曲線 今月の損益 仮実現損益
BinaScal V10 EURUSD +1,272 +10,415
PriceBreaker GBPJPY V1 +1,254 +2,369
VIVOUGE EURUSD +777 -1,659
stargazer +597 +29,405
Tomo ArbMagic Wave +515 +3,670
Tomo ArbMagic Time Sng +351 +632
白虎DT EUR/USD +285 +798
BandCross3 EURUSD +284 +1,695
EGOIST (USDJPY) +209 +506
コツコツAUDJPY +166 +370

BinaScal V10 EURUSDPriceBreaker_GBPJPY_V1を抜いて、トップに躍り出しました。

※11位以降は、検証中のFX自動売買システム一覧の「1月」の欄を、検証中のシステムの損益曲線は検証中のメタトレーダー用FX自動売買システムをご覧ください。
※損益の単位はドルで、仮実現損益は「現在の有効証拠金」 – 「検証開始時の証拠金」で含み損益を清算(口座閉鎖など)した場合の損益です。

今週のシステム変更

  • PegSystem ver2の検証を終了します。(検証中のFX自動売買システムについての検証の終了の条件を満たしたため)
  • Swiss Twin Range V2の検証を終了します。(口座残高はありますがユーロペッグ制が中止されたため)

値上げ情報

  • なし

検証の条件に関して

  • 損益の単位はドルです。
  • 初期パラメーターは0.1(10,000通貨)ロットに設定してます。
  • 累計は仮実現損益(ドル)です。
  • 検証中のFX自動売買システムの損益計算のルールや用語はこちらをご覧ください。
  • 全ての検証中のFX自動売買システムの損益はこちらを御覧ください。

この記事に関するご意見やご質問はこちらからツイートでお願いします。

Ririy&Racco’s Hippoの検証を追加します

2014年12月9日よりMT4用FX自動売買システム(EA)の「Ririy&Racco’s Hippo」の検証を開始しました。

Ririy&Racco’s Hippoは、Ririyのトレンドフォローの骨格にRaccoのフィルター(エントリーの可否の判断)を融合させてできたコラボEAです。

Ririy&Racco’s Hippoの特徴

  • エントリーの可否は2本のハル移動平均線(HMA、Hull Moving Average)の位置関係と直近のバーの回帰直線から判断します。
  • リミット値、ストップ値ともにデフォルトで100pipsが設定されていますが、内部ロジックによりクローズすることがほとんどです。
  • ポジション保有時間からみると、概ねスキャルピング~デイトレに分類されます。

(販売ページのEAについてより抜粋)

Ririy&Racco’s Hippoの成績

下の損益曲線は2009年12月1日から2014年11月30日まで約5年間のバックテストの結果です。

hippo
※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

バックテストの条件:

  • システム名称(バージョン):Ririy&Racco’s Hippo(rev04)
  • ブローカー :  Alpariジャパン デモ口座(レバレッジ 25倍)
  • 通貨ペア: USD/JPY(H1)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット固定(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト
  • コメント:約5年間バックテストの結果は11,699ドルの利益でした。また、最大ドローダウンは6.14%でPFは2.15でした。

下の損益曲線は2014年12月9日からのフォワードテストです。


※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。
※Ririy&Racco’s Hippoのトレード結果は、ツイッターアカウントのmtea_autoがリアルタイムでつぶやいています。

フォワードテストの条件:

  • システム名称(バージョン):Ririy&Racco’s Hippo(rev08)
  • ブローカー :  FXCMジャパンデモ口座(レバレッジ 25倍)
  • 通貨ペア: USD/JPY(H1)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット固定(10,000通貨)
  • パラメーター:Start_DayOfWeek=1、StartHour=1

Ririy&Racco’s Hippoの評価

2014年11月20日の発売開始からすでに100本以上の販売実績がある人気のMT4用FX自動売買システムです。

ドローダウンが小さく、ナンピンやマーチンゲールを行わないで10,000ドル以上の利益(5年間のバックテスト)を出す優秀なロジックを実装しているシステムと言えるでしょう。

バックテストの結果やfx-onのフォワードテストによりRiriy&Racco’s Hippoの評価は、ローリスク・ミディアムリターンなシステムと判定して星4つ(★★★★☆)です。

Ririy&Racco’s Hippoの運用

販売ページで推奨している証拠金とロット数です。

  • 証拠金:1,000,000円~(100,000円~)
  • ロット数:0.1ロット~(0.01ロット~)
  • その他:

Ririy&Racco’s Hippoの購入はこちらから

buy

※Ririy&Racco’s Hippoの販売価格は2014年12月10日時点で29,800円です。(クリスマスまでのディスカウント価格で12月25日19時以降は39,800円に値上)
※システムの詳細や運用はRiriy&Racco’s HippoのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのRiriy&Racco’s Hippoの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴

  • 2015年5月30日 検証を終了しました。
  • 2015年1月14日 EAのバージョンをrev18に変更しました。
  • 2015年1月19日 AlpariUK(ジャパン)の破綻により検証口座をFXCMジャパンに変更しました。