ブレイクスキャルシステムの評価と検証

ブレイクスキャルシステムの検証再開のお知らせ

2017年1月19日よりMT4 EAのFX自動売買システム「ブレイクスキャルシステム」のEUR/USD(※)の検証(フォワードテスト)を再開します。

ブレイクスキャルシステムの特徴

ブレイクスキャルシステムは、ブレイクアウトの瞬間を掠め取ることを戦略としたEAで、取引量が多いためスプレッドが開きにくいEUR/USDと指標発表で価格が一方的に動きやすいUSD/JPYに特化したMT4のEAです。

  • 価格が跳ね上がる”ブレイクアウトの瞬間”にフォーカスしたシステム
  • 通常の利益確定幅は5pipsですが指標発表時にはTickが飛ぶことを逆に利用することで、それ以上の利益幅を掠め取ることが可能
  • スプレッドフィルターにより不本意なポジションを取るのを防ぐ

(販売ページのEAについてより抜粋)

ブレイクスキャルシステムの成績

下の損益曲線は2010年2月1日から2015年1月31日(5年間)のバックテストの結果です。

break-scal-system

※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

バックテストの条件:

  • システム名称(バージョン):ブレイクスキャルシステム(r7)
  • ブローカー : FxProデモ口座(レバレッジ 500倍)
  • 通貨ペア: EUR/USD(M15)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • 初期ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト
  • その他:
  • 成績:約5年間バックテストの結果は+2300ドルの利益でした。また、最大ドローダウンは4.1%でPFは1.27でした。

※販売サイトのfx-onでUSD/JPYのフォワードテストを行っているのとEUR/USDの成績がUSD/JPYの成績を上回っているとのコミュニティのコメントによりEUR/USDの検証を行うことにしました。

下の損益曲線は2017年1月19日からのフォワードテストです。

※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。
※ブレイクスキャルシステムのトレード結果は、ツイッターアカウントのmtea_autoがリアルタイムでつぶやいています。

フォワードテストの条件:

  • システム名称(バージョン):ブレイクスキャルシステム(R22)
  • ブローカー : FxProデモ口座(レバレッジ 500倍)
  • 通貨ペア: EUR/USD(M15)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • 初期ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:デフォルト

ブレイクスキャルシステムのレビュー

最大ポジション数が2個(固定ロット)なのでかなりの連敗がない限りドローダウンを低く抑えることができるでしょう。デフォルトのTPは5pipsに設定されていますが、100pips以上稼ぐ時もあるようです。

マーチンゲールのように口座破綻のリスクが低いので気長に運用できるEAと思います。

ブレイクスキャルシステムの運用

販売ページで推奨している証拠金とロット数です。

  • 証拠金:1,000,000円~(100,000円~)
  • ロット数:0.1ロット~(0.01ロット~)
  • その他:

ブレイクスキャルシステムの購入はこちらからどうぞ

buy

※ブレイクスキャルシステムの販売価格は2017年1月19日時点で22,800円です。
※システムの詳細や運用はブレイクスキャルシステムのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果でレビューしていますが、FX自動売買システムのブレイクスキャルシステムの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴

  • 2017年1月19日 フォワードテストを再開しました。

White Bear Z EURJPYの検証を追加します

2015年2月9日よりMT4 EAのFX自動売買システム「White Bear Z EURJPY」のフォワードテスト(検証)を開始しましたので、White Bear Z EURJPYの特徴やバックテストの結果をお知らせします。

White Bear Z EURJPYは、White Bear Z USDJPYに続くZシリーズ第2弾のEURJPY版シロクマで、他のシロクマシリーズ同様、長時間足でトレンドの判定を行い、長時間足で順張り方向に、短時間足(5分足)で逆張り方向にエントリーするEURJPY5分足専用のスキャルピングEAです。

Zシリーズではトレード時間帯を日本時間の早朝に限定し、トレードの特徴として、リスク低減のため、建値決済の頻度が若干高いのが特徴です。

White Bear Z EURJPYの機能

  • 複利運用機能(MM機能)でがっちり稼ぎます。
  • ニュースフィルターで指標前後の指定時間、エントリーを制限できます。
  • Difフィルターで指定したpips以上の大きな変動があった場合、指定した時間、エントリーを抑制します。
  • スプレッドフィルターでスプレッドが指定値以上の時は、エントリーしません。スキャルピングですので、可能な限り小さいほうが良い成績が得られます。
  • 金曜日フィルターで金曜日の指定時間に強制的にポジションをクローズさせます。

(販売ページのEAについてより抜粋)

White Bear Z EURJPYの成績

下の損益曲線は2010年2月1日から2015年1月31日(5年間)のバックテストの結果です。

White Bear Z EURJPY

※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。

バックテストの条件:

  • システム名称(バージョン):White Bear Z EURJPY(1.01)
  • ブローカー :  FXCMジャパン デモ口座(レバレッジ 25倍)
  • 通貨ペア: EUR/JPY(M5)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • 初期ロット数: 0.1ロット(10,000通貨)
  • パラメーター:mm=true
  • その他: TP=7pips、SL=46pips、最大保有ポジションは3(3から5で変更可能)、エントリー時間は3:30~8:00(日本時間)
  • 成績:約5年間バックテストの結果は+5020ドルの利益でした。また、最大ドローダウンは7.42%でPFは1.76でした。

下の損益曲線は2015年2月9日からのフォワードテストです。

※上の画像をクリックまたこちらをクリックすればトレード内容を確認できます。
※White Bear Z EURJPYのトレード結果は、ツイッターアカウントのmtea_autoがリアルタイムでつぶやいています。

フォワードテストの条件:

  • システム名称(バージョン):White Bear Z EURJPY(1.01)
  • ブローカー :  FXCMジャパン デモ口座(レバレッジ 25倍)
  • 通貨ペア: EUR/JPY(M5)
  • 初期証拠金: 10,000ドル
  • ロット数: 0.1ロット固定(10,000通貨)
  • パラメーター:mm=false
  • その他: TP=7pips、SL=46pips、最大保有ポジションは3(3から5で変更可能)、エントリー時間は3:30~8:00(日本時間)

White Bear Z EURJPYの評価

White Bear Z USDJPYに続くZシリーズ第2弾とのことで安心して運用できると思います。

Zシリーズ第1弾のFX自動売買システム「White Bear Z USDJPY」の成績と評価も参考にしてください。

バックテストの結果やfx-onのフォワードテストによりWhite Bear Z EURJPYの評価は、ローリスク・ミディアムリターンなシステムと判定して星4つ(★★★★☆)です。

White Bear Z EURJPYの運用

販売ページで推奨している証拠金とロット数です。

  • 証拠金:1,000,000円~(100,000円~)
  • ロット数:0.1ロット~(0.01ロット~)
  • その他:フォワードテストは単利運用ですが、複利運用(mm=true)でも安心して任せることができると思います。

White Bear Z EURJPYの購入はこちらから

buy

下のバナーからMT4が稼働する口座を開設すればWhite Bear V1やWhite Bear V1EXがもらえるキャンペーンを実施していますのでWhite Bear Z EURJPYと同時に運用してみてはいかがでしょうか。

※White Bear Z EURJPYの販売価格は2015年2月9日時点で29,800円です。
※システムの詳細や運用はWhite Bear Z EURJPYのEAについてをしっかりお読みください。
※バックテストやフォワードテストの結果で評価していますが、FX自動売買システムのWhite Bear Z EURJPYの運用は、ご自身の判断と責任でお願いいたします。

更新履歴